CONCEPT EVENT ARTIST BLOG CONTACT



Just Music

DJ's message-2009.12.12 Saturday-14:55

レジデントDJのタムラです。

いよいよ今夜ですね。先ほど新たに友人からの連絡をもらって、彼らも遊びに来てくれるみたいでとても嬉しく思っています、ありがとう。

Swing!も今回で3回目を迎えます。お客さん/スタッフの区別なく本当に多くの人たちのおかげで今回の開催を迎えられることができました。1回目の開催からずっと遊びに来続けてくれている人、今夜初めて遊びに来てくれる人、今ここを見て行こうかどうかまだちょっと迷っている人(是非遊びに来てください!)、友人、恋人、同僚、色んな人たちがいるけれど、そうやって集まった皆が今夜Just Musicの基に最高の瞬間を共有すること、何より僕自身がその瞬間が楽しみでしょうがありません。

一緒に楽しい夜を創りましょう、よろしく!




マイルストーンの予感に身を震わせて

DJ's message-2009.12.11 Friday-20:47

swing前日、ここにきての雨、雨、雨。
明日天気になれ!と祈るぐらいしか今はできませんが…
まあきっと晴れてくれるでしょう!!

あ、申し遅れました。swingのレジデントDJを務めてますニエダです。そろそろクビになるんちゃうかと日々刺激に満ちた生活を送らしてもらってますが…実はここだけの話、各アクトは毎回のプレイが実行委員長ナカイによる査定の対象になってるんですねーええ。明日は時期も時期ですし、ボーナスもらえるように頑張りたいところです。

とまあそんな世知辛い話は置いておいて。若人から中高年にまでパーティーイベントが氾濫し拡大再生産されるこの世の中で、swingはどんな存在価値を示せているんでしょう?スタッフは毎度この問いに頭を悩ませています。特定の音楽ジャンル好きが集まるわけでもない、そもそも最近は各々が忙しくてスタッフ間ですら音楽話ができているわけでもない現状でそのことを考えると非常に頭が痛い。

他のイベントを見渡しても、独自のアイデンティティーを示せているものはごく一部だったりします。でも幸いなことに、自分の周りにはそれを実現している人たちがたくさんいる。ソーシャルメディアで形成されたネットワークのみで音楽の力を再定義しようとするひとも、学生だけで武道館のイベントを実現することで社会に影響を与えようとするひとも、10年間同じ冠のイベントを継続することでシーンそのものを作ろうとするひとも、種類は違えど信念を持って活動しています。その中で突出した成功を遂げたものが結果として正しかったと言われるだけです。別に大仰な話ではなくね。その中でswingが何を出来るか、何をやりたいのかを考える時期に今一度差し掛かっているのかなあと、個人的には思っています。

で、そのヒントになるようなアイデアの萌芽が、この第三回では見られそうですよ。そんな予感が、1スタッフとしてあるのです。今後このパーティーがどんな方向に舵切りを行うとしても、その原点はこの回にあったと言われるようになるのではないかと。だから今回来られるお客さんの方々は非常にラッキー!だということを強調して、DJ準備に戻ります。笑

森羅万象に多情多恨たれ!




| 1/1PAGES |

calendar

<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

recent entries

categories

archives

search this site.

others




©2011 swing-titn.com ALL Rights Reserved.